みなとトピックス

猫とずっと暮らす本★愛猫の日常ケア★

【脱走対策をしよう】元野良猫はもちろんの事、最初から室内飼いでも子猫や若い猫の場合、外の世界に強い関心を示し、飼い主の隙を見て脱走することがあります。猫が外に出ると、迷子になるだけでなく、交通事故などの危険性も高いので、脱走対策は重要。脱走経路で最も多い玄関には柵や簡易ドアを設置することで、事故を防ぐことができます。窓を開閉する時も逃げ出すことがありますし、猫によっては前足を使って窓を開けてしまうことがあるので、注意しましょう!引用/『猫とずっと暮らす本』監修『猫の診療室モモ』谷口史奈先生、株式会社マジンボックス20ページ

タップで今すぐ電話!