みなとトピックス

みなとトピックス

猫とずっと暮らす本★15才以上の猫★

現在、日本の飼い猫の平均寿命は15才とのこと。愛猫に元気なご長寿猫になってもらうために、健康管理に努めましょう。15才を過ぎたとなれば、超高齢猫です。視力や聴力が弱ってくるため、猫も少し不安になり、構って欲しそうに鳴いたり、側にやって来たりと、飼い主に甘えたがることが増えていきます。さらに呼びかけた時の反応が弱くなり、食事を食べたことを忘れたり、自分の名前を忘れたりと、認知症のような症状が出ることがあるので、ボケ防止のためにも飼い主からコミュニケーションをとるように心掛けてください。【年齢早見表】◎猫(15歳)⇒人(76歳)◎猫(16歳)⇒人(80歳)◎猫(17歳)⇒人(84歳)◎猫(18歳)⇒人(88歳)◎猫(19歳)⇒人(92歳)。あちこちで白髪が目立つようになり、猫によっては毛づくろいをほぼしなくなるため、被毛がパサパサになって毛割れが見えるように。徐々に食欲が落ちて、体型もほっそりしていきます。この年代は、常に食欲や水分摂取量、排尿・排便の回数など、異常がないか小まめにチェックしましょう!引用/『猫とずっと暮らす本』監修『猫の診療室モモ』谷口史奈先生、株式会社マジンボックス14~15ページ

猫とずっと暮らす本★愛猫の日常ケア★

【脱走対策をしよう】元野良猫はもちろんの事、最初から室内飼いでも子猫や若い猫の場合、外の世界に強い関心を示し、飼い主の隙を見て脱走することがあります。猫が外に出ると、迷子になるだけでなく、交通事故などの危険性も高いので、脱走対策は重要。脱走経路で最も多い玄関には柵や簡易ドアを設置することで、事故を防ぐことができます。窓を開閉する時も逃げ出すことがありますし、猫によっては前足を使って窓を開けてしまうことがあるので、注意しましょう!引用/『猫とずっと暮らす本』監修『猫の診療室モモ』谷口史奈先生、株式会社マジンボックス20ページ

猫とずっと暮らす本★愛猫の日常ケア★

【長毛猫はシャンプーを】短毛の猫は、定期的にブラッシングしていれば十分清潔なので、汚れた時だけで大丈夫ですが、長毛の猫の場合は、長い被毛がもつれやすく汚れやすいので、月に1度はシャンプーすることをオススメします。ただ、被毛が濡れることに不快感を覚える猫がほとんどなので、激しく抵抗されることも。シャンプー前にはちゃんとツメを切っておいて、手早く済ませましょう。洗い残しや乾燥不足があると、皮膚病の原因になることもあるのできをつけて。引用/『猫とずっと暮らす本』監修『猫の診療室モモ』谷口史奈先生、株式会社マジンボックス26ページ

猫とずっと暮らす本★愛猫の日常ケア★

【暮らしやすい環境を整える】まずはペット可の物件に住むのが大前提。最近は猫の飼い主向け物件も増えています。猫を迎え入れることになったら、室内に危険な物がないか、徹底的にチェック。電気コードは噛んで感電するおそれがあるので、家具の後ろに隠したり、専用カバーを巻いたりしましょう。輪ゴムやヒモ、小物などは誤食する危険性がありますし、猫が食べると危険な観葉植物もあります。事故を防止するため、最初のうちはケージの中で生活させるのも有効です。引用/『猫とずっと暮らす本』監修『猫の診療室モモ』谷口史奈先生、株式会社マジンボックス18ページ

猫とずっと暮らす本★愛猫の日常ケア★

【ゴミ箱はフタ付きのものに】猫を飼っていて気をつけたいのが、誤食。ヒモやビニール、輪ゴム、小さな部品などなど、口に入れて飲み込んでしまうことがあります。さらに、ニオイに釣られて人間の食べ物を食べてしまうことがありますが、猫が中毒を起こすものもすくなくありません。。誤食を防ぐには、小まめな掃除や片付けが大事であり、ゴミ箱もフタ付きのものにして、猫が漁れないようにしましょう。器用な猫はフタを開けてしまうので、ストッパー付が安心です。引用/『猫とずっと暮らす本』監修『猫の診療室モモ』谷口史奈先生、株式会社マジンボックス23ページ

猫とずっと暮らす本★愛猫の日常ケア★

【ベランダに出す時は要注意】猫は室内飼いでもあまり不満を感じない動物ではありますが、外気に触れさせることが良い気分転換になるのは確かです。できればベランダぐらいは出してあげたいと思ってしまいますが、フェンスの隙間や上から脱走することもあり、お隣に侵入して迷惑をかけるだけでなく、マンションの高層階の場合は転落して大ケガをする危険性も。もしベランダに出す場合は、フェンスを設置したり、郷土の高いネットを張るなどして、絶対出られないようにしてください。引用/『猫とずっと暮らす本』監修『猫の診療室モモ』谷口史奈先生、株式会社マジンボックス31ページ

猫とずっと暮らす本★愛猫の日常ケア★

【歯磨きをしないと歯周病に】生後7ヵ月までには永久歯が生え揃う猫。歯を磨かなくても、人間のように虫歯になることはありません。ただし、歯垢を放っておくと歯石になってしまい、歯肉炎や歯槽膿漏を発症しやすくなり、最悪、全身麻酔をかけて除去する羽目になります。歯磨きにはペット用の歯ブラシを使うのが基本ですが、どうしても嫌がるようなら、ガーゼで磨くと良いでしょう。最低でも週2~3回、理想は1日1回磨くようにすれば、老猫になっても健康を維持しやすくなります。引用/『猫とずっと暮らす本』監修『猫の診療室モモ』谷口史奈先生、株式会社マジンボックス26ページ

猫とずっと暮らす本★愛猫の日常ケア★

【耳のお手入れも月に1度】耳の中も猫自身ではきれいにできないので、お手入れが必要。くつろいでいる時に、濡らしたコットンやペット用のウエットティッシュで優しく拭いてあげます。細かくて固い綿棒は、猫が不意に動いた時に傷つける可能性があるのでオススメしません。耳掃除の頻度は月に1度で十分で、お手入れしすぎると逆に皮膚を傷つけたりするので注意。ただ、スコティッシュフォールドやアメリカンカールの耳は雑菌が繁殖しやすいので、小まめにちぇっくしましょう。引用/『猫とずっと暮らす本』監修『猫の診療室モモ』谷口史奈先生、株式会社マジンボックス25ページ

猫とずっと暮らす本★愛猫の日常ケア★

【野良猫を飼う場合】野良猫を飼う場合、何らかの病気にかかっている可能性が高いので、すぐに病院に連れて行きましょう。猫エイズや猫風邪などの病気や、ノミや回虫などの寄生虫に感染しているおそれがあります。子猫の場合、獣医師の診察で生後50日を経過しているようだったら、ワクチンを接種するのがオススメです。ずっと野外生活をしていた猫を新しい環境になれさすのは大変なケースも多く、猫によっては脱走を試みることもありますが根気よく頑張ってください。引用/『猫とずっと暮らす本』監修『猫の診療室モモ』谷口史奈先生、株式会社マジンボックス19ページ

猫とずっと暮らす本★愛猫の日常ケア★

【スキンシップは猫も気持ちいい】愛猫のケアとして、最も重要なのがスキンシップ。愛猫に触りたいは飼い主として普通の感情ですが、猫のほうも飼い主と密着したり、撫でててもらったりすることで、血圧や心拍数が安定すると言われています。アゴの下や首の後ろなど、猫が気持ちいいと感じる部分を中心に、優しくゆったりと撫でてあげましょう。触れることで、猫の体の異変に気づくことも。ただ、スキンシップで重要なのは、猫のペースに合わせること。しつこく触り続けないようにしましょう。引用/『猫とずっと暮らす本』監修『猫の診療室モモ』谷口史奈先生、株式会社マジンボックス27ページ