みなとトピックス

Q2新入りの猫を迎えてから、先住猫が自分の尻尾の付け根の毛をむしるようになりました。この癖は治らないのでしょうか?

一番の原因は環境の変化!ネコが先の尖った葉っぱを執拗にむしったり、自分の毛を故意に抜いたりする行為は、本来、捕まえた獲物を食べる為に毛をむしる事が転化したものとされている。動物園で飼育されている小型のネコ科の動物でも同じようなことが起こるようで、その場合、荒治療で毛のついたままのトリを食べさせたりすると改善する。ひどい場合には舐めすぎて皮膚病になってしまったりするから、この治療はまず原因を探すところから始めるしかない。引っ越しや部屋の模様替え、あるいは単なる来客など、ヒトにとって普通のことがネコには普通じゃない。まず視点を180度変えて原因を探してみて。ある程度原因が絞り込めれば対策の取りようはあるのだけれど、まったく原因が見当たらないケースも少なくない。時間が解決してくれることもある。臨床の現場では、仮に原因がわかってもどうすることもできず、ある程度の投薬を試みる。精神的に不安を取り除く薬や、特定のビタミンや栄養素の添加など。ウールサッキング(※服やタオルを食べてしまう事)と同じで、決定的な改善法は見つけにくい。根気と愛情で乗り越えるしかないかな。引用/『またまた猫医者に訊け!』株式会社KADOKAWA083ページ

タップで今すぐ電話!